政治家

麻生太郎の息子の学歴は?大学と高校は一貫校?偏差値70クラスの超エリートだった!

Pocket

政界で精力的に活動されている麻生太郎さん。

1940年生まれの麻生太郎さんは現在80歳ということで、そろそろ引退を考えているかもしれませんね。

そこで気になるのが、麻生太郎さんの後継者として呼び声高い息子の学歴です。

今後の日本を支える政治家になるかもしれない人物ですから、どんな学校を卒業したのか、学歴が気になりますよね。

調べてみると、麻生太郎さんの息子は超エリートだということがわかりました!

麻生太郎の息子の学歴は?

麻生太郎さんの息子である「麻生将豊(あそう まさひろ)」さんの最終学歴は、慶應義塾大学です。

慶應義塾大学といえば、早稲田大学と並ぶ有名私大ですよね。

偏差値は60.0~72.5で、名門大学という印象があります。

息子「将豊さん」は、エスカレーター式に慶應義塾大学へ進学しています。

麻生太郎の息子(将豊さん)の学歴一覧

・大学:慶應義塾大学

・高校:慶應義塾高等部

・中学校:慶應義塾中等部

・小学校:慶應義塾幼稚舎

しかし、「将豊さん」は始めから慶應義塾幼稚舎に通っていたわけではなく、もともとは飯塚市内の小学校に通っていました。

麻生太郎さんの出身地が福岡県なので、飯塚市とは福岡県の飯塚市だと思われます。

ただ転入生とはいえ、幼稚舎から慶應義塾大学までストレートで進学している学歴から、麻生太郎さんの息子が優秀な人物だとわかりますね!

麻生太郎の息子の学歴は?【大学編】

麻生太郎さんの息子の卒業大学は「慶應義塾大学」です。

湘南藤沢キャンパスを卒業し、大学院では「政策メディア研究科メディアデザインプログラム」を修了しました。

湘南藤沢キャンパスの学部は3つです。

・総合政策学部
・環境情報学部
・看護医療学部

麻生太郎さんの息子が通っていた学部は、色々調べたのですがわかりませんでした。

しかし、大学院で「政策メディア研究科」を専攻していることから、「総合政策学部」を選んだ可能性が高いでしょう。

政治家である麻生太郎さんが父親ですし、学生時代から政策に興味があったことが学歴からわかりますね!

ちなみに、息子「将豊さん」は、慶應義塾大学時代に出会った仲間とベンチャー企業を立ち上げています。

在学中の2005年3月に立ち上げた「有限会社シーリンク」。

翌年には「株式会社エクストーン」と名前を変え、麻生太郎さんの息子が代表取締役を務めています。

「株式会社エクストーン」は各種Webサービス、スマートフォンアプリの企画や運営をサポートする会社ですが、クライアントには大手企業だけでなく、官公庁も含まれています。

もし息子「将豊さん」が政界入りしたら、ベンチャー時代に培った人脈を駆使して大活躍しそうですね!

麻生太郎の息子の学歴は?【高校編】

麻生太郎さんの息子が卒業した高校は、「慶應義塾高等部」です。

エスカレーター式に進学したため、高校も慶應義塾大学の系列というわけですね。

ただ、女子高を除いた慶應義塾大学の高等部は4つあります。

・慶應義塾高等学校
・慶應義塾志木高等学校
・慶應義塾ニューヨーク学院
・慶應義塾湘南藤沢高等部

麻生太郎さんの息子が卒業した高等部の名前は、SNSやネットで学歴を調べたのですが、はっきりとわかりませんでした。

息子「将豊さん」の出身高校について、新しい情報がわかりましたら追記しますね!

しかし、大学時代を湘南藤沢キャンパスで過ごしていることから、同じ敷地内にある「慶應義塾湘南藤沢高等部」を卒業した可能性があります。

「慶應義塾湘南藤沢高等部」は、中高一貫の共学校。

偏差値は74とトップレベルですから、麻生太郎さんの息子は頭が良いのでしょう。

いじめはほとんどなく、生徒の自主性に任せる校風と評判です。

在学中にベンチャー企業を立ち上げるような息子「将豊さん」のバイタリティは、ひょっとすると高校時代に培われたのかもしれません!

麻生太郎の息子の学歴は?【中学・小学編】

麻生太郎さんの息子は、大学時代を過ごした湘南藤沢キャンパスと同じ敷地内にある「慶應義塾湘南藤沢中等部」を卒業した可能性があります。

慶應義塾幼稚舎を卒業し、中高一貫校に進んだのでしょう。

「慶應義塾湘南藤沢中等部」ならびに「高等部」は、外国語教育に力を入れていると有名です。

実際に息子「将豊さん」の学歴を調べると、アメリカへの留学経験があることがわかりました。

父親の麻生太郎さんは、政治家の中では断トツの英語力を持っていると評判ですから、息子の語学スキルにも期待できますね。

息子「将豊さん」は慶應義塾大学の系列校に通っていましたが、出身地は福岡県です。

麻生太郎さんの故郷である福岡県飯塚市内の小学校に通ったのち、慶應義塾幼稚舎に転入したといわれています。

慶應義塾幼稚舎といえば「日本一の小学校」と評されるほどの名門校。

合格倍率10倍以上の慶應義塾幼稚舎に転入できたのですから、麻生太郎さんも息子を誇らしく思っていることでしょう。

慶應義塾幼稚舎から慶應義塾大学までエスカレーター式に進学し、在学中にベンチャー企業まで立ち上げた、麻生太郎さんの息子「将豊さん」。

立派な学歴の超エリートですね。

現在も会社の代表取締役を務めるなど、高学歴を生かした活躍をされています。

もし、父親である麻生太郎さんのような政治家になれば、政界で息子「将豊さん」の働きぶりを目にできそうです。