子育て

子供のおもちゃがぐちゃぐちゃ!対処法と意外な4つの収納方!

2020-05-02

Pocket

 

コロナ自粛でお子様と自宅で過ごすことが多くなっていますよね。

 

いつも以上に、おもちゃで遊ぶ機会も増えたことと思います。

 

積み木やパズル、おままごとなど小さい部品が多いおもちゃ。

 

そこで、困るのはどうしてもおもちゃが「ぐちゃぐちゃ」になってしまった光景。。

 

おもちゃボックスにまとめて入れても、いざ遊ぶ時に一苦労。

 

部屋が散らかっているとイライラしたり、ちょっとしたことで怒ってしまいがちですよね。

 

そこで今回は、子供のおもちゃでぐちゃぐちゃになった部屋を綺麗に片付ける方法を紹介します。

 

少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。

 

子供のおもちゃがぐちゃぐちゃな時の対処法

 

おもちゃを思い切って手放す

年齢に似合わないおもちゃや全く子供が興味を示さないおもちゃ

 

飽きてしまったおもちゃを思い切って手放してはいかがでしょうか

 

おもちゃの数が多ければ多いほど片付ける手間や時間がかかってしまいがちです。

 

断捨離することによって散らかる要素が少なくなり、片付けの負担が少なくなります。

 

短時間で片付けが済むのでゆっくり休んだり別の家事をする時間が出来ます。

 

他にも部屋が広く使えるようにもなり、スッキリとした空間を作ることが出来ますよ。

 

要らなくなったおもちゃの中にはまだまだ使えるものもあるはずです。

 

フリーマーケットアプリリサイクルショップを売りに行くことをオススメします。

 

ちょっとしたお小遣い稼ぎが出来て、日頃家事や育児を頑張っている自分にご褒美をあげちゃいましょう!

 

おもちゃ用の収納棚を買う

収納棚を買って片付ける場所を決めてみることは有益です。

 

定位置を作ってあげればおもちゃを片付ける時にサッと収納することができるはずですよ。

 

片付けを出来るような年齢の子供には「遊んだら必ず片付ける」というルールを教えることもでき一石二鳥。

 

それが自然とできるようになったら親が片付ける手間がなくなり、子供の成長にもつながりますね。

 

流行りのDIYでカラーボックスをリメイクして子供のおもちゃ収納棚を作ったり、すのこなど1から作っている人もいるので参考にしてみてください。

 

自分の好きな色や形を作れるので楽しいですよ。

 

新しい趣味にもあるかもしれませんね。

 


 

おもちゃをシリーズ別に分ける

1つのおもちゃボックスに片付けていると、積み木やパズルのような小さい部品のおもちゃを探し出すのに時間がかかりませんか?

 

100円均一やホームセンターなどに売っている箱におもちゃをシリーズ別に分けてみるのはいかがでしょうか。

 

箱の色を統一するとよりスッキリとした空間を作ることが出来ます。

 

また、役割別に箱の色を変えると子供が片付ける時に分かりやすく片付けやすいです。

 

おもちゃの名前を箱に書くのもオススメです。

 

 

おもちゃ別の収納方法の驚きのコツは?

先程おもちゃのシリーズ別に分ける収納方法を紹介しましたがその他にも驚きの収納があるのでご紹介します。

 

絵本

絵本は表紙を見せて収納する。

 

こちらは絵本棚がついた収納棚が必要となりますが、絵本の表紙を見せて片付けることにより、子供は題名を見るよりも表紙を見た方が内容がわかりやすく読みた

い本を取りやすくなります。

 

見せる収納として1つのインテリアにもなります。

 


 

おもちゃの車

こちらも見せる収納を利用して飾るのはいかがでしょうか?

 

オシャレな空間を作り出すことができますよ。

 

片付けなさい!」と言ってもなかなか子供は片付けませんよね。

 

そこで遊びながら片付けることが出来る駐車場のシートを用意するのもオススメです。

 

ここに車を駐車してください」と教えてあげると自ら片付けてくれると思います。

 

パズル

ようやく完成したと思ったら1ピース足りないとならないためにも完成したパズルをそのままビニールケースに片付ける

 

立てて収納することが出来るのでスペースを取らずに済みます。

 

もちろん完成した状態で片付けるので足りないということもなくなります。

 


 

アクセサリーパーツのビーズ

100均などで売っている仕切りがついてあるプラスチックに入れて収納するのもいいと思います。

 

しかし、締りが悪かったり、衝撃で空いてしまうことがあるので小瓶に片付けて1つのインテリアとして飾るのもオススメです。

 

しっかりと締めていれば子供が勝手に開けることもないとで散らかる心配はありません。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ただ片付けるだけではなく子供と一緒に片付けれるように工夫したり、見せる収納として

 

1つのインテリアにしたりとたくさんの方法があります。

 

ちょっとした工夫で片付けの負担が少なくなり「遊んだら片付ける」教育をすることも出来ます。

 

子供が自ら片付けれるようになるには時間がかかるかと思いますが優しく見守ってあげましょう

 

DIYが得意な人は収納棚を作って世界に1つだけの収納棚を子供にプレゼントなんて素敵ですよね。是非作ってみてください。

 

-子育て

Copyright© ぷらLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.