日常生活お役立ち情報

子供のおもちゃを捨てるのがもったいない場合の対処法

2020-02-28

Pocket

子供のおもちゃを捨てるのってもったいないな

子供のおもちゃを捨てる場合ってどうすればいいんだろう

 

子供の成長とともに、増えるおもちゃ捨てる処理に悩んでいる方はいませんか?

 

子供の数が多いほどおもちゃもたくさんあって、片付けも大変ですよね。

 

誕生日クリスマスなど子供がメインのイベントがあると、祖父母や友人からプレゼントとして送ってくれたおもちゃ。

 

また、思いがけず可愛いおもちゃを見つけたり、子供にねだられたりするとついつい買ってあげたくなるのが親心。

 

子供の成長によっておもちゃの内容も変わり「もう使わないけどゴミに出すのはもったいない」と悩んでいる間にもおもちゃは増える一方ですよね。

 

ということで今回は、使わなくなった子供のおもちゃ。

 

子供のおもちゃを捨てるのはもったいない!

 

という場合の対処法についてお伝えします。

 

対処方法が分かれば悩まずに済みますね。

 

子供のおもちゃを捨てるのがもったいないとき:対処法

リサイクルショップ

近所のリサイクルショップにおもちゃを引き取ってもらえるか聞いてみましょう。

 

状態が良ければ良心的な金額で買い取ってくれるはずですよ。

 

説明書があれば一緒に渡すことで買い取り価格がアップすることがあります。

 

また、状態が悪くリサイクルショップでは買い取ってもらえそうもないときは、地方自治体が運営しているリサイクル所にもっていくと、無料で引き取ってくれますよ。

 

児童養護施設・保育園何度に寄付

児童養護施設や、個人が運営している保育園引き取ってもらえるか聞くのも方法ですよ。

 

市区町村が運営している施設は、引き取ってもらえない確率が高いですが、聞く価値はあると思います。

 

児童養護施設は、家庭の事情で施設に保護され共同生活している子供がいますが、さまざまな年代の子供がたくさんいるので、喜んでもらえそうですね。

 

民間団体などを利用する

NPO団体日本赤十字社ユニセフなどもおもちゃやぬいぐるみなどの寄付を受け付けてしているので尋ねてみましょう。

 

団体によってはおもちゃは発展途上国の恵まれない子供たちに届けられたり、ワクチン募金に役立てられたりと人助けにもつながりますね。

 

幼稚園や小学校に通う子供がいれば、おもちゃの行き先を伝えることで、社会勉強にも役立ちますよね。

 

友人や知人に譲る

出産予定の友達や小さな子供がいる人に譲るのも良いですね。

 

大切に使ってもらえそうですし、喜んでもらえますよ。

 

ママ友を通して聞くというのもひとつの方法です。

 

譲る時は汚れを落として、綺麗な状態で渡しましょう。

 

ネットオークション

インターネットのオークションに出展する方法もありますよ。

 

ヤフーオークションメルカリがあるので、興味がある方は出展してみましょう。

 

良好な状態で箱や説明者などがあれば、適切な価格で取引ができるはずです。

 

私はどちらにも出店したことがないですが、メルカリは物によって納得の値段で取引ができてお小遣い稼ぎになると定評のようですよ。

 

出張買取

自分たちで運べないような大きな大型のおもちゃは、出張買取が便利です。

 

多少状態が悪くても引き取ってくれました。
(自分たちで修理して使える状態にしているそうです。)

 

少しでもお金になると嬉しいものですね。

 

【トイズキング】

 

子供のおもちゃを捨てるのがもったいないとき
処分するタイミング

引っ越し

環境が変わる時は、おもちゃを処分する最大のチャンスです。

 

不必要なものは新居に持ち込みたくないですし、引っ越し荷物の軽減に役立ちますよ。

 

引っ越し予定に合わせてリサイクルショップに持ち込んだり、回収業者に来てもらうなど計画を立てましょう。

 

学年が変わる時

学年がかわると遊びが変わり、今まで使っていたおもちゃに興味を示さなくなることってありますよね。

 

我が家には2人子供がいますが、成長するたびに昔のおもちゃに興味を失い、箱の中で眠った状態になっています。

 

我が家では学年が変わる休暇前(春休み)に「大きくなったからこのおもちゃ使わないよね」と言って処分しています。

 

年末の大掃除

年末も引っ越しと同様に片付けや処分の絶好の機会です。

 

家の中の不用品を全部処分すれば、すっきりした気分で新しい年が迎えられますよね。

 

これはもう遊んでないな」というものは、子供に内緒でこっそり処分しています。

 

処分したものはリサイクルショップや友人に譲ることが多いです。

 

気分によって

子供部屋を見て「今日はおもちゃを処分するぞ!」という気分になることはありませんか?

 

私は時々、処分したい焦燥にかられそうじを始めることがあります。

 

すると今まで、「処分するのはもったいないな~」「後から使うかも?」など考えて保管しておいたおもちゃでも、気分が良い日は「処分しちゃえ~」と思うことができスムーズに片付けが進みます。

 

子供のおもちゃを捨てるのがもったいないとき
処分するおもちゃの選択

 

大切なおもちゃやレアなおもちゃは処分せず大切に保管するとよいでしょう。

 

例えば、木製の積み木、ブリキでできたおもちゃレゴセット(ブロック)トミカ・プラレールトーマスの電車セット(木製)など、次世代に引き渡せそうなおもちゃは保管しておき、孫が生まれた時に遊ばせようと考えています。

 

おもちゃを処分するといっても、次世代の子供たちが楽しめそうなものは処分せず息子が大きくなった時に見せてあげたいですね。

 

まとめ

子供のおもちゃを捨てるのがもったいないとき」の対処法としては、

 

・リサイクルショップに引き取ってもらう。

・児童養護施設・保育園何度に寄付をする。

・友人や知人に譲る。

・ネットオークションに出す。

・出張買取を依頼する。

 

子供のおもちゃを捨てるのがもったいないとき」に対処するタイミングは、

 

・引っ越しのとき

・学年が変わるとき

・年末の大掃除のとき

・気分によって

 

いかがでしたでしょうか?

 

子供のおもちゃを捨てるのってもったいないな」という場合の対処法について、少しでもあなたのお役に立てていれば嬉しいです。

 

今はゴミを捨てるのも有料の時代なので、恵まれない子供たちのために有効活用したり、ネットや人脈を通して役立てましょうね!

 

 

 

-日常生活お役立ち情報

Copyright© ぷらLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.