趣味・遊び

大人の塗り絵で色鉛筆を初心者が選ぶポイント

2020-02-22

Pocket

大人の塗り絵をするに、どんな色鉛筆を選ぼうかな?

大人の塗り絵は、まだ初心者なんだけど、色鉛筆のおすすめはあるかな?

塗り絵に欠かせないのが色鉛筆

皆さんはどのような基準で選んでいますか?

値段の安さや品質に優れたもの、カラーバリエーションなど人によって好みが違いますよね。

子供の頃は「学校で指定されたものを使っていた」という人もいるかと思いますが、大人になって趣味で楽しむなら気に入ったものを選びたいですよね。

今回は大人の塗り絵を始めようという初心者様向けに、色鉛筆の選び方についてまとめました。

大人の塗り絵の色鉛筆:選ぶ際のポイント

1.使い心地

子供の塗り絵と違い、細かく塗りつぶす箇所がたくさんあるのが大人の塗り絵

色鉛筆を握ったときや使った時の感触が悪いと、指が疲れて塗るのが嫌になってしまいますよね。

試し書きをした方が失敗が少ないので、色鉛筆を数本購入して自分に合っているか確認するのも方法です。

2.色の数

初心者なら24色~36色が最適です。

数百色以上の色がたくさん入ったものもありますが、趣味で楽しむだけなら24色程度で十分でしょう。

この色があったらいいのにな~」という時は、ばら売りで購入可能です。

3.発色の有無

発色が悪いとせっかくの塗り絵も楽しくありませんよね。

メーカーや種類によっては、色の付き具合が想像と違うこともあり得ますし、同じ色でも薄かったり、濃かったりなど若干違う場合も考えられます。

お店で試し塗りができれば、同じ色の発色の違いを比べるのも大切ですよ。

4.芯の硬さ

見た目では分かりづらいのが芯の硬さ

実際に試してみないとわからないものです。

お店で硬さを確認して、すぐに折れてしまわないものを選びましょう。

5.値段

趣味程度であれば、お手頃な価格のものを選ぶと良いですね。

趣味にそれほどお金をかけられない、またはかけたくない方は100円均一で購入しましょう。

家庭の経済事情や目的に合わせて選んでくださいね。

6.ブランド名で選ぶ

日本製や海外のものなどなポイントです。

好きな色鉛筆を使うと塗り絵が一段と楽しくなり、長続きするので好みも大切です。

海外品は高級なイメージで値段もやや高めなので、日本製を使うと良いですね。

大人の塗り絵の色鉛筆:種類と特徴

油性の色鉛筆

子供から大人まで使えて、色の付きが良いのが特徴。

油性でも硬めと柔らかめの芯の2種類があり、硬いタイプは線や細かな部分を塗るのに最適です。

水性の色鉛筆

ぼかしたり、色を混ぜて塗るテクニックを必要とする時に便利です。

初心者で塗り絵を楽しみたい時は油性がおススメです。

パステル

芯の部分がパステルで作られています。塗った部分をティッシュペーパーでこすることで、

初心者でもぼかすことができます。

大人の塗り絵の色鉛筆:使うときのコツ

明るい色を先に塗る

どの色から塗っても同じ」と思いがちですが、暗めの色から塗ると明るい色を塗ったときに、色が混ざって綺麗に仕上がりません。

黄色やピンクなどパステルカラーから塗っていくと失敗が少ないですよ。

色鉛筆は削っておく

色鉛筆の芯の先を尖らせておくことが大切です。

大人の塗り絵は細かな部分が多いので、とがってないと線からはみ出してしまい、仕上がったときの印象が悪くなってしまいますね。

使う前か使い終わった後など、都合の良いときに鉛筆削りで芯を整えておきましょう。

重ね塗り

明るめの色で全体を薄めに軽く塗ってから、各部分に色を塗っていきます。

重ねて塗ることで色に変化をもたらすことができますよ。

大人の塗り絵の色鉛筆:メーカー

トンボ鉛筆

子供時代に使った記憶がある方もいるのでは?良心的な価格で初心者の方にはぴったりですよ。

色のばら売りもしているので、必要な色を買い足せるのもうれしいですね。

三菱鉛筆

柔らかな塗り心地で発色も良いので初心向きの色鉛筆といえるでしょう。

年齢を選ばず使うことができるのも人気です。

ファイバーカステル

なめらかで塗ったときに柔らかい感触、初心者や子供にも定評です。

芯は適度な硬さで折れにくいので、我が家の子供ファイバーカステルを愛用してます。

ステッドラー

ドイツ製で柔らかい使い心地なうえ発色が良く芯が丈夫です。
(私個人としてはファイバーカステルの方が塗りやすかったです。)

大人の塗り絵の色鉛筆:おすすめ

三菱鉛筆 ユニカラー

日本製なら三菱鉛筆がおススメです。

親しみがあり発色や芯がしっかりしていると定評がありますよ。
カラーバリエーションが豊富なのも人気といえるでしょう。

ファイバーカステル

先程も説明しましたが、発色が良く柔らかい使い心地でイラストレーターやアーティストのプロも愛用。

グラデーションが上手にできるとの意見もあります。

我が家の子供にいろいろなメーカーを使わせた結果、ファイバーカステルが人気でした。

まとめ

今回は大人の塗り絵の色鉛筆についてお伝えしました。

色鉛筆はたくさん種類があるので悩んでしまいますが、値段や発色、使い心地などをポイントに選んではいかがでしょうか。

-趣味・遊び

Copyright© ぷらLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.