子育て

子供が宿題をやらない原因と親がイライラしてしまう理由

2020-03-05

Pocket

 

子供宿題イライラすることってありますよね。

 

事あるごとに「宿題やりなさい!」と声を張り上げているお母さんは多いと思います。

 

我が家にも小学校4年生と6年生になる子供がいますが、宿題をやってくれずつい大声を張り上げて強制的にやらせることもしばしば。

 

本当は子供に自主的に宿題に取り組んでもらいたいのですが、遊びたい盛りの2人。なので、ようですね。

 

やはり遊びが優先になってしまうようですね。

 

何とか机に向かわせようとしているのですが、取り掛かるまでに時間がかかり、その間はずっとイライラして怒鳴りっぱなしの自分に嫌気がさす時もあるくらい。

 

そこで今回は、私自身が知恵を絞って子供の宿題でイライラしないコツなどをお伝えしていきます。

 

今回の記事を読むことで、子供の宿題で少しでもイライラせずにすむようになればと思っております。

 

子供が宿題をやらない原因を探ってみよう!

 

子供の宿題がはかどらなかったり、やらない原因を考えてみましょう。

 

原因が分かれば、イライラすることが少なくなるはずですよ。

 

疲れている

子供といえど学校生活は疲れるものです。

 

さらに現在の子供たちは、学校が終わってもピアノや水泳、英会話に学習塾など放課後もやることがいっぱいですね。

 

そのような状況で、すぐに「宿題をやりなさい」といってもやってくれるはずがありません。

 

これは大人も同じです。

 

仕事から帰って休憩もなしにすぐに別の仕事はやりたくないですよね。

 

疲れきって、できないのかもしれませんよ。

 

内容が分からない

子供がすくに宿題をやらないのは、授業内容や宿題が分からないのも原因のひとつに考えられます。

 

授業でやったことが分からないと、宿題にとりかかっても時間がかかってしまい、やる気が失せるだけですね。

 

面倒くさい・遊びたい

単純に面倒くさがっていることも考えれらます。我が家の子供はまさにこのパターンといえるでしょう。

 

ゲームや友達と遊びたいことで頭がいっぱいなので、宿題にも集中できないのですね。

 

子供の宿題でイライラする理由

忙しい

自分の都合でイライラしていることはありませんか?

 

仕事から帰ったお母さんは、夕食の支度や買い物など、子供が帰宅した後もやることが盛りだくさんです。

 

宿題を終わらせてもらわないことには、自分自身も落ち着きません。

 

自分の都合に合わせて宿題をやってもらおうと思うと、イライラが抑えられなくなってしまいますよ。

 

言うことを聞いてくれない

親の言うことを聞かない子供は多いですよね。特に反抗期は難しい時期なので、宿題以外にもいろいろなことに反抗されて聞く耳を持たないことがあります。

 

私は言ったことをすぐに行動に移してもらわないと、イライラするタイプなので宿題に取りかかるまで、ずっとイライラしています。

 

親にとって負けたくない相手がいる

これも自分の都合のひとつですが「○○の家の子供には負けたくない」と、同級生の親にライバル意識を持っていることはありませんか?

 

子供同士というより親の見栄みたいなもので、宿題を忘れたことを先生に指摘されたり、ライバルの家に情報が伝わり、それが夕食の話題になったり、差をつけられるのが嫌という人もいるはず。

 

子供の宿題でイライラしないコツ

子供の意見に耳を傾ける

子供が宿題をやらないことにイライラするのではなく、子供の言い分も聞いてみましょう。

 

すぐにイライラするのではなく、宿題や授業で分からないことはなかったか聞くのもコツと言えますよ。

 

子供が宿題をやりたがらないのは、もしかしたら宿題の内容が分からない可能性も考えられますよね。

 

なぜ、すぐ宿題に取り組めないのか耳を傾けてみましょう。

 

余裕を持つ

私も2児の母親として、全国のお母さんが忙しいのはよく理解できますし、子供が宿題をやらないことで毎日、頭を悩ませています。

 

自分がイライラするのは、たいてい忙しい時。

 

夕方から学校や自治会のミーティングに参加予定があったり、習い事の送迎、さらに夕飯の準備など午後はさまざまな予定がめじろ押しです。

 

忙しくても子供の将来を第一に考えることで、心にちょっとだけ余裕が生まれてきますよ。

 

余裕がない時というのは、自分の都合が優先されていることがほとんどです。

 

宿題を一緒にやる

子供の宿題をみてあげるのも親の大切な役割ですよね。

 

忙しいときはキッチンのテーブルに座らせて、夕飯の準備をしながら宿題をみてあげることもできますね。

 

子供はひとりで勉強するより、お母さんに見てもらいながら取り組んだ方が嬉しいはずです。

 

我が家の子供は普段、部屋の学習机に座って宿題をやらせているのですが、自分が忙しいときは、キッチンに宿題セットを持ってきてもらって宿題をやらせています。

 

期待しない

子供は親の言いなりにはならない」と理解すると、イライラすることが少なくなりますよ。

 

そもそも「親の言うことは聞くだろう」と期待しているから苛立つのです。

 

子供が言うことを聞かないのは当たり前」と理解するとイライラも軽減しますね。

 

担任に相談する

いろいろな方法を試してもやる気になってくれず、ストレスを抱えているなら担任の先生に相談するのも方法です。

 

教育のプロの先生なら、的確なアドバイスが受けられるはずですよ。

 

宿題をやらせない

宿題の重要さを子供に自覚してもらう方法ですね。

 

宿題を忘れたことで先生に指摘されたり、恥をかいたりするはずです。

 

嫌な思いをすれば「宿題は大切なんだ」と分かってくれるでしょう。

 

宿題をやる気にさせるポイント

時間を決める

学校から帰宅したらすぐに宿題に取り組んでほしいのが親心ですが、子供にとったら休憩時間も必要なはず。

 

30分休憩したら宿題やろうね」と時間を決めると、子供も宿題に取り組みやすくなりますよ。

 

褒めてあげる

宿題が終わって見直しの時、「よくできたわね」「よく知っているね」など、褒めの言葉を用意しましょう。

 

子供は褒められるとうれしくなって、進んで宿題をやってくれるようになりますよ。

 

褒めすぎると逆効果になるので、適度に褒めるようにしてくださいね。

 

競争する

子供とキッチンで宿題をやる時に私が実践している方法です。

 

ママと○○君の宿題、どっちが早く終わるか競争しようか?」と言ってやらせています。

 

競争心をあおられた子供は、楽しくなって集中して宿題に取り組んでくれるでしょう。

 

ひとりでやってくれないときは、お母さんと一緒にやるもの良いですね。

 

まとめ

 

今回は子供の宿題でイライラしないポイントについてお伝えしました。

 

イライラしないためには、子供が楽しく宿題に取り組める工夫が大切です。

 

お母さんが忙しいと自分の都合に合わせがちですが、子供を優先に考えるとイライラも少なくなりますよ。

 

宿題は親と子供がコミュニケーションをはかる良い機会なので、ぜひ一緒に宿題に取り組んでくださいね。

-子育て

Copyright© ぷらLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.