日常生活お役立ち情報

コロナ自粛中に経験したオンライン飲み会の感想・エピソードまとめ②

2020-05-13

Pocket

 

コロナ自粛中に経験したオンライン飲み会の感想やエピソードのまとめ集。

 

前回に続き、体験した方々の声をまとめました!

 

まだ、オンライン飲み会を経験したことがない!

 

というあなたはぜひ、ご参考にしてみてくださいね。

 

 

コロナ自粛中に経験したオンライン飲み会の感想・エピソードまとめ②

20代前半・女性・専業主婦

・参加人数:女性1人、男性2人
・メンバー:ネット友達
・所要時間:24:00〜27:00

 

コロナの影響で居酒屋等の店を利用できないので「オンラインで飲み会するのはどうか?」という話題になり、早速開催。

 

仲間はいつもよくゲームをする友達でいわゆるネット友達です。

 

スーパーやコンビニで自分の好きなお酒とおつまみを用意して、ゲームをしながらすることになりました。

 

最初はビデオ通話で雑談しながら飲み、ほろ酔いになってからゲームを通話しながら一緒にやりました。

 

酔っ払ってしまってもすぐに眠れるし、便が良かったです。

 

酔っ払いながら財布を出す煩わしさもなくすごく良かった...

 

自粛ムードで気が滅入っていましたが、家の中で気軽に飲み会が出来たのは良いストレス発散になりました。

 

30代後半・女性・秘書

・参加人数:女性4名
・メンバー:高校時代の友人
・所要時間:19:00~21:00

 

もともと高校時代の女友達とゴールデンウィークに会うことが恒例でした。

 

今年はコロナのせいで会うことができなかったので「流行のオンライン飲み会を開催しよう」と誘われました。

 

やる前は年甲斐もなく、みんなすごく楽しみで期待値大でした。

 

実際に行うと顔が見えてとっても楽しかったです。

 

みんなそれぞれおつまみを作る」というミッションを課して見せ合いながらおしゃべりしました。

 

初めは回線も調子よくいつも通り盛り上がっていたのですが、一人の回線が悪くなってしまい、なんだかぐだぐだし始めました

 

自宅なのでなんとなくダラダラしながらも、少しはよそゆきのような感じもあり、微妙な感じがしました。

 

電話だと寝ころびながらでもいいのに、オンライン飲み会だと顔が見えるので少しは整えたりしたりするのが「面倒だな」と思いました。

 

この「少し」の身支度はとっても面倒です。

 

お出かけなら楽しい身支度なのですが…

 

30代前半・女性・会社員

・参加人数:女性2名、男性3名
・メンバー:高校時代の友達
・所要時間:21:00〜24:00

 

ゴールデンウィークに集まることの多かった人から「オンライン飲み会をやらないか?」という話が出て、オンライン飲み会を行うことになりました。

 

オンライン飲み会ではゲームをする予定でしたが「ゲームのサイトが動かない」というトラブルがあり、ゲームは諦めて飲み会だけになりました。

 

オンライン飲み会は遠くにいる人とも手軽に楽しむことができ、日程の調整がしやすいところが良いところだと思います。

 

ただ、話すタイミングが実際の飲み会よりもつかみにくく、何人かが一斉に話してしまい聞き取れないといったこともありました。

 

オンライン飲み会だと同じ料理や飲み物を楽しむといったことができないため「実際に飲みに行って同じものを食べながら話をしたい」とも思いました。

 

40代前半・男性・会社員

・参加人数:男5人
・メンバー:地元の友達
・所要時間:21:00~22:30

 

今までに経験した事の無かった飲み会だったので興味津々でした。

 

また周りの話を聞くと意外にオンライン飲み会の経験者が増えてきております。

 

最初はソフトの扱い方がいまいちよく理解しておらず、飲み会どころではありませんでした。

 

でも、次第に使い方に慣れてくるうちに少しずつ楽しくなってきました。

 

ただ使ったソフトにもよるのかもしれませんが、5人全員が同じ話題になって話さなければならない事や(普通の飲み会なら話の話題は近くで話している人たちによって異なる場合が多い。)

 

電波環境が良くない人もいたので途切れて通信が止まってしまったりとエラーもあった事が普段の飲み会とは異なり厄介な部分かと思います。

 

20代後半・女性・会社事務

・参加人数:女4人、男3人
・メンバー:大学時代の友人
・所要時間:21:00〜24:00

 

学生時代の仲が良かった友人グループです。

 

中々集まれる状態じゃないので「オンライン飲み会をやってみよう!」という話になりました。

 

いつもはみんなバラバラで遠く離れている友人達が一度に集まるのは大変。

 

なので、オンライン飲み会なら家から参加できるので、久しぶりにみんなで会話をすることができました。

 

普通に集まって飲んでいるときと同じように大いに盛り上がり、「こんなに楽しいならもっと早くからやっておけば良かったね」という話になりました。

 

実際もうすでに初めてオンライン飲み会を行った後から5回ほど行いました笑。

 

参加したくない人、できない人はしなければいいし、とても良いなと思います。

 

20代後半・女性・専業主婦

・参加人数:女3人、男3人
・メンバー:元職場の先輩達
・所要時間:19:00~21:00

 

オンライン飲み会は自分の家なので気ままに過ごせるし終電を気にしなくていいですね。

 

服もがっつりお洒落しなくてもいいからすごく楽で楽しい2時間が過ごせました。

 

オンライン飲み会はどう思うか・・と言うと良い点は...。

 

電車代が浮く

終電を気にしない

居酒屋より安く済ませられる

がっつりお洒落をしなくてよい

他人を気にしなくてもよい

自宅なので安心して飲むことが出来る

 

といった割とメリットが多い飲み会でした。

 

コロナが終息したとしても「継続的にこのオンライン飲み会を続けてもいいなあ」と思いました。

 

30代前半・女性・専業主婦

・参加人数:女3人
・メンバー:退職した職場の元同僚
・所要時間:17:30〜19:00

 

私が以前働いていた職場の元同僚二人が転勤する前の今年3月に送別会を行う予定でした

 

しかし、二人の職場からコロナ流行のため飲み会禁止令。

 

送別会ができないまま二人が転勤してしまいました。

 

その後、テレビ等を通じて「オンライン飲み会が流行っている」と聞き、元同僚と別件で連絡を取っていたときに提案したところ乗り気。

 

ゴールデンウィークに実施しました。

 

最初はどのアプリを使用したらいいのかなど、右も左も分からない状態でした。

 

でも、結局3人とも普段使用しているLINEで行うことになりました。

 

実際行って感じたメリットは、

 

①小さい子どもがいても気にせず参加できる

②画質が粗いため、化粧をしてもしなくてもわからない

③居酒屋と違って安上がり

 

の3つです。

 

デメリットは、

 

①電波が悪いと音声や画像が途切れるのでイライラする。

②家にいるので用事等を理由に抜け出しにくい。

 

の2つです。

 

メリットとデメリットのどちらもありますが、普段会えない遠方の友人と久しぶりに顔を見て話すことができて嬉しかったです。

 

実施に迷ってる方はぜひ一度チャレンジしてみると良いと思います。

 

30代後半・男性・会社員

・参加人数:男3人
・メンバー:大学のサークル仲間
・所要時間:18:00~22:00

 

オンライン飲み会に初めて参加しましたが「これはこれで気軽でいい」と思いました。

 

開始時間をいつもの飲み会と同じように「18時」と決めました、

 

それ以外は特に決めずに緩く開催。

 

それぞれが自宅で用意したおつまみとお酒を用意しながらだらだらと会話しました。

 

最初はそれぞれのコロナの影響などの話題を絶え間なく話していたのですが、途中からは「会議じゃないんだし常に話してなくてもよくね?」という雰囲気に。

 

だらだらとスマホをいじったり家飲みの雰囲気になりました。

 

行き帰りの時間がかからず気楽な反面、それぞれが食べているものが違ってグルメを楽しむ面もあった今までの飲み会の醍醐味はないことがわかりました。

 

お店での飲み会に加えて補助的にオンライン飲み会をするのは面白い」という結論に達して終了しました。

 

30代後半・女性・販売員

・参加人数:女5人
・メンバー:大学時代の友人
・所要時間:21:00~23:00

 

5月の連休中に大学時代の友人とオンライン飲み会を行いました。

 

若い人を中心に流行っていると聞き、30代後半の私達で行ってみました。

 

始める前までは「オンラインで飲むのは微妙ではないか?」と考えていました。

 

同じ料理やお酒、そのお店の雰囲気などもなく「各自、自宅で画面越しに飲んで何が楽しいのだろう?」と思いました。

 

しかし、実際行ってみるとお互いリラックスした雰囲気の中、いつもは話さない将来の事など深い話も出来ました。

 

各自飲んでいるお酒やおつまみ紹介なども行いました。

 

話す事に集中できるオンライン飲み会も「楽しいな」と思いました。

 

しかし、また外で飲み会が出来るようになれば私は「同じ空間で顔を合わせて飲む方が好きだな」と思いました。

 

20代前半・女性・大学生

・参加人数:女性2名 男性3名
・メンバー:大学時代のサークル仲間
・所要時間:21:00〜23:30

 

昔所属していた大学のサークルの先輩からインスタのストーリーの投稿に対してメッセージをもらったのがきっかけで、私からオンライン飲み会を提案しました。

 

ZOOMを使っての開催となりました。

 

わたしは4人とも半年以上直接会っておらず、久しぶりに顔をみてお話することができました。

 

自然と「それぞれ彼氏・彼女はいるのか?」というような話になり、全員いないと判明した後は不思議な一体感が生まれました。

 

オンライン飲み会は当たり前ですが距離が離れていても「すぐに開催できるところが最大の長所」だ私は思います。

 

私は現在、関西にいますが、他の4名は関東在住です。

 

それでも呼びかけた翌日にオンライン飲み会を開催することができました

 

新型コロナウイルスが終息した後もオンライン飲み会の需要はあり続けると思います。

 

40代後半・男性・自営業

・参加人数:女性2名、男性2名
・メンバー:元職場の同僚
・所要時間:15:00〜18:00

 

オンライン飲み会は既に2回ほどしたことがあります。

 

しかし「最初はこういうのってどうなの?」って疑問点もありました。

 

お店の雰囲気を味わいながら皆と顔を合わせて飲むほうが楽しいのでは?」って思ったからです。

 

でも実際オンライン飲み会を経験してみてその考えは覆されました。

 

想像してたよりも全然楽しいです。

 

それに「気楽でいいなあ」って感じたからです。

 

家でできるのでまず余計な周りへの配慮とかあまり考えなくていい。

 

それに、お金も飲み屋さんで飲むよりかかりませんし。

 

行く手間も省けるって良いなあ」って心から思えたのです。

 

別に直接会って喋らなくてもお酒が入ることで普通オンラインでも楽しめるもんだと実感できました。

 

まだオンライン飲み会をやったことない方は一度してみてください。

 

40代前半・男性・事務職

・参加人数:女性1名、男性2名
・メンバー:高校時代の友人
・所要時間:18:00~23:00

 

私は地方、他のメンバーは都市部と滅多に会うことのない仲間でした。

 

しかし、LINEで誘いが入り、初めてのオンライン飲み会を行いました。

 

高校時代からの友人たちで職も家庭環境(実家、一人暮らし、家庭持ち)もバラバラ。

 

数年に1度くらいしか集まれないのですが、すでにここ数週の短期間で3回もオンライン飲み会が開かれています。

 

こういった「普段会えない仲間と気軽に飲める」という点でオンライン飲み会はよいと感じました。

 

今まで気が付かなかったのが不思議なくらいです。

 

ただ、1つ難点が発生しました。

 

友人の中に飲食を行っているものがおり、その人の作るつまみやメインがとてもおいしそう。

 

目の前で一緒に飲むのであれば「少し頂戴」と言えるのですが、オンラインではそれができません。

 

指をくわえて「おいしそう」と思いながらモヤモヤしてしまいました。

 

20代前半・男性・広告代理店

・参加人数:男性6名
・メンバー:大学時代の友人
・所要時間:20:00-1:00

 

オンライン飲み会は自宅でゆっくり飲める上に、住んでる場所が自分と遠い場所の友人と気軽に飲めることメリットと感じました。

 

普通の飲み会のデメリットは、お店の予約に始まり、お店まで行く時間。

 

そして、お店でのお会計等々、手間や時間コストをかなり浪費してしまいます。

 

また、近所に住む友達や帰省してきたときと、相手や自分の住んでいる場所に拘束され易いですよね。

 

なので、特に遠方の友達とはなかなか飲み会を開く事ができません。

 

オンライン飲み会のデメリットは、なんとなく相手との距離を遠く感じてしまいます

 

やはり、実際に会って話す飲み会と、オンライン飲み会では相手との距離が違うような気がします。

 

ここは心理的な部分ですが、相手と会う事で安心感が得られたり、同じ釜の飯を食べる事で深まる仲というのはオンライン飲み会にはないと思います。

 

オンライン飲み会は近所の友人や知人と行うことに関しては、メリットが少ない気がします

 

一方、遠方に居てなかなか会えない友人と気軽にできることは大きなメリットだと感じました。

 

20代後半・女性・学生

・参加人数:女性4名
・メンバー:大学の同級生
・所要時間:20:00~24:00

 

緊急非常事態宣言が出て、お店に行くことが出来ないこの状況の時に友人。

 

SNSで「やってみたい!」との連絡が入り開催しました。

 

この友人たちとは1~2か月に1回の頻度で宅飲み、外での飲み会両方するほどの仲

 

オンラインでも「会いたい・話したいと思っていた」のでこの提案は願ったり叶ったりでした。

 

今はLINEやSkype、ZOOMなど無料でテレビ通話ができるツールがたくさんあるためこれを利用する手は無いです。

 

でも、常にスムーズな会話のキャッチボールが出来るわけではないのが少し残念な点です。

 

無責任な行動で自分はもちろん他人にも被害が及ぶような行動を少しでも少なくするためにこのツールを活用する手は無いと思います。

 

30代前半・男性・会社員

・参加人数:女性4名
・メンバー:大学の同級生
・所要時間:20:00~24:00

 

友人とオンライン飲み会をしてみて楽しかったです。

 

オンライン飲み会をする前は「あまりやりたくないなぁ」とは思っていました。

 

画面上の姿だけで上手くコミュニケーションがとれるのかなと思っていましたが、やってみたらそんな事もなく楽しく飲む事ができました。

 

居酒屋で飲むと多くて1回1万円程かかっていました。

 

でも、多くても数千円で済むので経済的にみてもメリットはあるなと思いました。

 

また、遠方の友人とも気軽にできて、メリットは大きいと思いました。

 

居酒屋で飲むよりも家で飲むのですぐに寝れたり終電を気にしたりしないで飲める事もあり、あまり「デメリットがないな」と感じているので自粛期間が開けても利用していきたいと思っています。

 

30代前半・女性・フォトグラファー

・参加人数:男性1人、女性5人
・メンバー:大学時代のサークル仲間
・所要時間:19:00〜23:00

 

オンライン飲み会という言葉を聞き始めた最初の頃に、大学のサークル仲間に「オンライン飲み会しよう」と誘われました。

 

正直、初めてのオンライン飲み会と、卒業以降は各地バラバラで、独身・既婚・子持ちとみんなの環境もバラバラ

 

何を話すことがあるだろうか」と不安もありました。

 

約束の時間までは、ポツポツとメッセージを交わしながら、ご飯を食べながら参加する予定だの、お風呂入ってから参加するだの...。

 

それぞれのタイムスケジュールで動きながらいざ、スタート。

 

在学中はそんなに深い話をしなかった子が、お母さんになって違う一面を見たり、仕事のことや、彼氏のことを話したり。

 

意外と参加してみたら、リアルタイムでリアルな現状をすんなりと話せる素敵な時間になりました。

 

時には「この人にそんな相談をする時が来るとは思わなかった」みたいな瞬間があったり、時間を埋めるように話し込みました。

 

オンラインで、実際にあってない分距離はあるけれど、気持ちの距離はグッと近くなった気がします。

 

気の知れた仲間とこうやってゆっくり近況報告をすることができて、今だからできることの一つのありがたさを感じました。

 

30代前半・女性・専業主婦

・参加人数:女性3名
・メンバー:子供の習い事仲間
・所要時間:21:00~23:00

 

コロナウィルスの影響で息子の習い事がしばらくお休みになりました。

 

習い事のグループラインでみんなで暇だと話していたら、ひとりのママさんがさらっと「オンラインお茶会でもしたいね」と言いました。

 

それに乗った私と他のママさん。

 

まずはオンラインお茶会を開催しました。

 

オンラインで話をしていくうちに「オンライン飲み会もやりたいですね」となり2日後に「オンライン飲み方をやろう!」ということになりました。

 

みんな1歳の子供がいるので子供を寝かしつけてからの開催

 

子供が起きたら途中抜けて可能とゆるい感じで実施しました。

 

オンライン飲み会は外に出る必要がなく、子供の預ける必要がないので幼い子供がいる家庭ではとても重宝すると思います。

 

またやろうと思います。

 

30代後半・女性・専業主婦

・参加人数:女性4名、男性4名
・メンバー:家族
・所要時間:19:00~21:00

 

毎年ゴールデンウィークやお盆、年末年始は実家に帰省しています。

 

しかし、今年は新型コロナの影響で帰省を見送りました。

 

その代わりに、兄弟の呼びかけでLINEのグループトークを使い、4夫婦8人でオンライン飲み会を行いました。

 

急な呼びかけでしたが「何時から参加してもよいし、途中で席を外してもよい」というので、普通に夕飯を食べた後、参加させてもらいました。

 

オンライン飲み会、よかったです。

 

ひとつの画面で全員の顔が見られるので「席が遠い」「輪に入れていない」と感じる感覚があまりなかったです。

 

終わり時間を設定していましたが、家でのようにだらだらと長引くことを少し恐れていたものの、時間通りにお開きになりました。

 

ちょうどよいところで終われた感じでした。

 

お酒の勧め合いということがないのは、さみしい気もするけど、やはり気は楽でした。

 

デメリットについては、まず自分の顔が画面に映ること。

 

写真が苦手な人にはつらいのではないかと思います。

 

直接会ってできる話し方と違うこと。

 

全員の顔を見ながら話せますが、同時にできる話題は基本的に1つだけになります。

 

その分全員が話題を共有できるというのがメリットとも言えると思います。

 

実際に会うからこそわかる温度感が欠けること。

 

体調が悪そうだ」とかいうことがまわりにはわかりにくいので、自分で気を付ける必要があると思います。

 

総じて、オンライン飲み会をしてよかったと思います。

 

機会があればまたやってみたいですが「実際に会って飲み食いを共にすることももちろん大事だ」とも思いました。

まとめ

今後、オンライン同窓会が定番になってきそうな予感がします!

 

オンラインとオフラインの飲み会を上手く活用してコミュニケーションを深めて行けるといいですね!

 

今回も最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

-日常生活お役立ち情報

Copyright© ぷらLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.