スポーツ 話題の相撲取り

碧山(力士)の出身や本名に読み方は?嫁もブルガリア人?!wiki風プロフィール

2020-03-19

Pocket

 

碧山の出身や本名は?

力士の碧山の読み方は?嫁が美人でブルガリア人?

 

大柄な体格をした外国人力士の1人である碧山関

 

一体、どのような人物なのか?」話題となっています。

 

そこで今回は、碧山関出身本名などの情報を集めて、wiki風プロフィールにしてまとめました。

 

それでは早速行ってみましょう~!

 

碧山の出身はどこ?

 

 

碧山の出身はヨーロッパの東、バルカン半島にある「ブルガリア」。

 

そう、ヨーグルトの故郷でもある「ブルガリア」が出身です。

 

トルコにほど近く人口が約12万人のほど「ヤンボル」という州で育ちました。

 

ちなみにですが、碧山関以外のブルガリア出身の力士では、あの元大関で有名な「琴欧州」がいます。

 

琴欧州はブルガリア出身として有名だったので、数多くのブルガリア出身力士が日本相撲界で活躍しているのかと思ったら、碧山がなんと「2人目」の出身者だったので驚きました!

 

碧山の本名に力士名の読み方は?

関取としての四股名こそ「碧山」とシンプルですが、本名は「ダニエル・イヴァノフ」。

 

 

イケメンな碧山にお似合いな本名!

 

しかも「ダニエル」とは、なんだかヨーロッパらしいイメージのあるお名前ですよね!

 

ちなみに、碧山関の四股名は「碧山 亘右」。

 

力士名の読み方は「あおいやま こうすけ」。

 

ついつい「みどりやま」って読んでしまいそうですよね。

 

本名は「ダニエル」なのに、四股名が「碧山(あおいやま)」って、イメージがガラリと変わるものですね!

 

そして、碧山の誕生日は昭和61年6月19日で年齢は33歳

 

同じ年齢としては、前場所で優勝を果たした「徳勝龍」と同じということにも驚き!

 

しかも、徳勝龍は8月生まれなので、碧山関の方が2ヶ月先輩なんですね!

 

簡単にプロフィールとしてまとめました。

 

プロフィール

・四股名:碧山 亘右(あおいやま こうすけ)

 

・本名:ダニエル・イヴァノフ

 

・生年月日:昭和61年6月19日(33歳) ← 下克上を果たした徳勝龍と同じ年齢!

 

・身長:191cm ← 大柄な体格!

 

・体重:193kg ← 大柄な体格!

 

・出身地:ブルガリア・ヤンボル

 

・所属部屋:春日野

 

ちなみにですが、相撲界入りしたときは「田子ノ浦部屋」に所属していました。

 

2012年2月に田子ノ浦親方がお亡くなりになったことから現在の「春日野部屋」に移籍しました。

 

それにしても、身長193cm・体重193cmと相撲取りとは羨ましいほどの大柄な体格ですね!

 

 

体格の素晴らしさに圧巻ですね!

 

碧山が相撲へ入門したきっかけ

碧山が相撲界へ足を踏み入れたのは驚きのきっかけはナント、同郷ブルガリアの琴欧州からのスカウト。

 

 

ブルガリアに住んでいたころは、相撲を3年・レスリングを10年と格闘系の経験が十分あった碧山関。

 

琴欧州からのスカウトを最初は断り、2度目の勧誘で意を決して日本の相撲界へ。

 

どうやら、碧山関は「2度目のスカウトがある」ことを見越して、日本の相撲界へ入る前に力士として戦い抜いていける体作りをしていたのでした。

 

相当な覚悟と気合を持って、日本の相撲界に飛び込んできた碧山!

 

 

今場所、絶好調の碧山と「おにぎり君」との愛称で親しまれている隆の勝のツーショット!

 

碧山の嫁は美人って本当?

ブルガリア出身でイケメンの碧山ですが、お嫁さんも美人。

 

 

碧山がブルガリアに一時帰国していた際、食事会の同じテーブルにいたのが今の美人嫁となる「ビオレタ・トドロバ」さん。

 

 

その食事会で初めて出会った碧山関が一目惚れ

 

しかも驚くことに、お互いの実家が80mほどしか離れていなく「運命の人」っていう感じで出会ったのでしょうね!

 

でも、お互いの面識はなく、ビオレタさんはドイツに拠点を置いて「建築デザイナー」としてご活躍されている女性。

 

碧山は日本、ビオレタさんはドイツという超遠距離恋愛のスタート。

 

1年後にビオレタさんがドイツから日本へ移住し、2016年8月30日に晴れて入籍。

 

碧山関の体格の半分ほどしかない、ビオレタさんの体系はまるでモデルのような美しさ。

 

運命です』とのろけていた碧山が一目で恋に落ちた魅力ある女性ですね!

 

碧山の得意技ってなに?

碧山の得意技はやはり体格を生かしたがっぷり組むスタイル!

 


 

得意技

 

・右四つ

 

・寄り

 

身長191cmと体重193kgの巨体でがっちり相手は掴むんですね!

 

しかし、ここ最近の決まり手の傾向を見ると第1位は「叩き込み」。

 

あれ?右四つで寄っていくんじゃないの?

 

と思ったところ、

 

最近の決まり手全体42%叩き込みとなっています。

 

ちなみに、第2位押し出し19%

 

第3位突き出し17%

 

最近の決まり手が本来の得意技とは異なる決まり手が気になるところですね。

 

もしかしたら、最近の番付が下がっている要因がここに隠されているのかもしれません。

 

 

春場所の今回は、白鵬との優勝争い真っただ中!期待できますよ!

 

碧山の戦歴と受賞歴

戦歴

 

・生涯戦歴 446勝397敗19休(64場所)

 

・幕内戦歴 370勝360敗17休(50場所)

 

※令和二年三月場所:十二日目時点

 

生涯戦歴ではもちろん、相撲を取る相手が強くなる幕内でも勝ち越しをしています!

 

そしてさすが、琴欧州が目を付けた男、キラリと光る受賞歴多数あります。

 

幕下時代含めて優勝が3回。

 

しかし、十両・幕内での優勝はまだありません。

 

受賞歴

 

・幕下優勝 1回

 

・序二段優勝 1回

 

・序ノ口優勝 1回

 

・敢闘賞 3回

 

・金星 1回

 

優勝もさることながら、場所中に敢闘の精神溢れる相撲を取り組んだ力士に与えられる「敢闘賞」を3回も受賞!

 

大柄な体格を武器に果敢に勇ましく相撲を取る碧山ですね!

 

トピック

 

・2013年9月場所 前頭2枚目時代に横綱の日馬富士から初の金星。

 

・2014年2月の大相撲トーナメント 決勝戦でブルガリアの琴欧州を倒し、平幕力士として2010年以来の優勝。

 

・琴欧州以来の2人目となるブルガリア出身力士

 

今場所では、前頭13枚目となっていますが、最高位は「関脇」。

 

初土俵は、平成21年7月場所と、順調にキャリアを積んできた力士の1人ですね!

 

碧山の最近の番付推移は?

ここ最近は残念ながら、番付は落ちる一方の碧山関。

 

番付推移

 

・5月場所 小結

 

・7月場所 前頭二枚目

 

・9月場所 前頭筆頭

 

・11月場所 前頭五枚目

 

・1月場所 前頭八枚目

 

・3月場所 前頭十三枚目 ← いま、ココ。

 

お美しいお嫁さんをもらったことですし、横綱を倒して金星を獲得してほしいところですね。

 

碧山の古傷は〇〇?

碧山の古傷は「左ひざ」。

 

なんといっても、193kgの体重。

 

左ひざも悲鳴を上げていたことでしょう。

 

一時期は、200kgの大台(超大台ですが..)を超えたこともあるくらい。

 

関取として体が大きなることはとても良いことなのですが、その反面、体重を支える関節部分に負担がかかってしまいますよね。

 

ひざが泣き所なって、最近は調子を落としているようです。

 

一時期は、関取であるのに減量のため、ご飯をお茶碗半分にして、野菜を多め摂取していたことも。

 

せっかく、ドイツから日本にやってきた美人のお嫁さんからエネルギーをもらって優勝を勝ち取ってほしいものですね!

 

碧山が白鵬と優勝争い!

十二日目現在、何と、碧山白鷗優勝を争いながらも単独トップ!

 

白鵬より白星が1つ多い現在です。

 

碧山と白鵬の優勝争い状況!

碧山:11勝1敗 ← 単独トップ!

 

白鵬:10勝2敗

 

ちなみに明日十三日目の碧山と白鵬の取組表です。

 

十三日目の取組表

・碧山 VS 隆の勝(前頭9枚目 9勝3敗) ※ちなみに隆の勝のニックネームは「おにぎり君

 

・白鵬 VS 朝乃山(関脇 10勝2敗)

 

白鵬は、同じ勝ち星10勝2敗の好調の関脇・朝乃山との一番。

 

もし、碧山が勝って、白鵬が負けることになれば、先場所に続いての下克上がグッ!と近づきます!

 

先場所の同じ年の徳勝龍に続いての幕内力士の優勝をもう一度見てみたい!

 

今場所も下克上が実現するか?

 

碧山と白鷗の直接対決は実現するのかワクワクが止まりません!

 

最後に、今場所目が離せなくなった碧山を最後にまとめてみます!

 

まとめ

今場所、優勝争いをしているブルガリア出身の碧山関をまとめました!

 

碧山 まとめ

 

・出身はヨーロッパの東に位置する「ブルガリア」。

 

・本名は「ダニエル・イヴァノフ」。

 

・誕生日は「昭和61年6月19日(33歳)」。

 

・お嫁さんは同じブルガリア国籍の「ダニエル・トドロバ」さん。← 美人です!

 

・得意技は「右四つ・寄り」。

 

・相撲界へ入門したきっかけは「琴欧州からのスカウト← 1度目のスカウトは断った!

 

・受賞歴①:優勝 3回(幕下・序二段・序ノ口 各1回)

 

・受賞歴②:敢闘賞 3回

 

・最高位:関脇

 

・古傷の場所:左ひざ

 

・トピック:初めての金星は「前頭2枚目時に横綱の日馬富士から」。

 

なんといっても、琴欧州からの誘いを1度は断り、次のスカウトまで体型を作ってきたという日本相撲界へ足を踏み入れる覚悟を感じました!

 

そして、しっかりと実績を出し続けてきた碧山には頭が上がりません。

 

白鵬を破って、幕内初優勝を勝ち取って欲しいですね!

 

応援しています!

-スポーツ, 話題の相撲取り

Copyright© ぷらLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.