子育て

子育てで何もやる気が起きないはどうする?コツと手法8選!

Pocket

 

家事に育児、主婦はやることがいっぱいで疲れちゃいますよね。

 

特に完璧を目指す主婦の方は、手抜きをするのが嫌でついつい頑張りがちですが、

 

それでは体も心も疲労困憊となってストレスが蓄積されてしまいます。

 

とはいっても、家事をやらないわけにはいかないので、

 

仕方なくやりますが、どんなに頑張っても誰からも感謝されず、虚しくなりますよね。

 

仕事を持つ旦那さんには土日があるのに、子育て真っ最中のママには休みがない!と嘆くママもいるでしょう。

 

無理が重なるといずれは「もう何もやりたく」と、

 

投げやりになったり、やる気を失い病気になってしまいそうです。

 

今回は子育てに疲れ切った時に、少しでも楽になる方法を紹介します。

 

家事を楽にするためのコツ

家事がツライと思う人のなかには、完璧にやろうと思う人もいるはずです。

 

家事は毎日のことですが、やり方を工夫することで苦痛な家事が軽減しますよ。

 

どんな方法があるのか見ていきましょう。

 

家事代行を利用する

家事って本当に面倒ですよね。

 

特に小さいな子供がいると、面倒を見ながら家事をするのでなかなかはかどりません。

 

民間で行っている家事サービスを利用すると家事への負担が軽減し、気持ちが楽になりますよ。

 

予算面から毎日は厳しいという家庭でも、

 

1週間に1回~2回など定期的に来てもらえると、

 

明日は家事代行サービスが来るから、少し手抜きしても大丈夫

 

と、気持ちに余裕が生れるものです。

 

家事が大変なのは、家中が散らかってしまい掃除するのに時間がかかるからなのです。

 

代行サービスを利用して、整然とした状態を保っておけば掃除も楽になりますよ。

 

サービス内容は、洗濯・掃除や料理などのほか、

 

買い物や役所の手続きなどいろいろあり、希望を伝えれば柔軟に対応してくれる便利なサービスです。

 

ベビーシッターを利用する

シッターサービスを利用して、子供のお世話をお願いしましょう。

 

子供の面倒を見てもらっている時間は、自分だけでの時間なので家事をテキパキ済ませることができますよ。

 

シッターさんにお願いして子供を公園や散歩に連れ出してもらえば家の中を綺麗に掃除できます。

 

シッターサービスによっては、別料金で家事も並行して行ってもらえることがあるので聞いてみるのも良いですね。

 

家事・育児支援サービス

各自治体が行っているサービスで、民間の家事代行サービスより利用しやすい料金でお願いすることができます。

 

育児や家事など希望に合わせて依頼できるので、各市町村役場の窓口で聞いてみましょう。

 

主に育児経験者が登録していることが多く、自宅に来て子供の世話をしたりご飯を作ってくれるなど安心して子供を預けることができますよ。

 

同じ育児経験者として悩み相談をしたり、愚痴を聞いてもらえるなど話し相手になってくれるのもよい点で、精神的な負担も和らぎますよ。

 

食配サービス

お肉や野菜、果物などの食品をインターネットで注文して食材を届けてくれるサービスです。

 

お弁当や調理済みの食品を届けてくれるので、ご飯を作る手間が省け忙しい主婦にとってありがたいサービスと言えるでしょう。

 

主婦は家事・育児に多忙なので、買い物に行くのも大変ですが、

 

そんな時、食材を届けてくれたら本当に助かりますよね。それに、「今日は何を食べようか」と、毎日の献立を考える必要もありません。

 

半調理済み食材や、予め献立が決まった食材が入っていて作り方を見て料理をするだけなので、献立を考える必要がないのも良い点です。

 

また、離乳食サービスを行っているところもあるので、自分の家族構成に合わせてオーダーすると便利ですよ。

 

保育園に預ける

市区町村が管轄している保育園は手続きが面倒なうえすぐに入園できないので、私立で運営している保育園に短時間入園させる方法があります。

 

私立なら融通が利き、週に数回だけでもOKという場所があります。

 

子供が保育園に行っている時は、自分だけでの時間を過ごせるので精神的に余裕が生れますよね。

 

毎日、子供の世話をしながら家事をするのは大変ですが、短時間でも子供から手が離れると気持ちが楽になりますよ。

 

ながら家事をする

私も家事は嫌いなうえ苦手です。

 

一度散らかってしまうと片付けが大変なので、散らかさないように努力していますが、

 

子供が小さいと気持ちと部屋がめちゃくちゃになっていることが良くあります。

 

こういう時は一度に片づけず、少しずつやるようにしています。

 

テレビをみながらリビングを片づけたり、シャワーや入浴しながら浴室を掃除するなど、工夫することで負担が減りますよ。

 

一度に掃除しようとすると、時間もかかりますし体力的にもきついですが、毎日ちょっとずつやると楽ですよ。

 

家事を分担する

旦那さんと話し合って、家事を分担してもらうようにお願いしましょう。

 

休日は休みたいのはお互い様ですよね。

 

女性だから家事をやる」というのではなく、居住を共にしているのだから二人で掃除するのは当たり前

 

更に子供も二人の子供です。

 

一方が全てやるのではなく、お互い分担することでストレスが減ります。

 

旦那さんができそうな簡単なことをお願いしましょう。

 

頼む時は自分のツライ気持ちを伝え、感謝の言葉を述べお願いするのがコツですよ。

 

手抜きでも良いと思う

家事は手抜きでも仕方ない」と思うことも大切です。

 

子供が小さいうちは、家が多少、散らかっても仕方ありません。

 

全てを完璧にしようと思うと疲れるので、「まっ仕方ないか」くらいな気持ちで構えた方が自分のためです。

 

あまり思いつめると苦しくなりますし、病気になってしまいますよ。

 

まとめ

今回は家事を楽にするためにコツをお伝えしました。

 

私も子供が小さいうちは、家事や育児に疲れた時期もありました。

 

そういった時は、育児支援サービスや食配サービスを利用し、少しでも家事を手抜きできるように工夫していました。

 

家事育児は大変ですが、永遠に続くものではありません。

 

子供が成長すれば少しは楽になるので、今は使えるサービスを使いながら子供と楽しい時間を過ごすようにしてくださいね。

 

 

 

 

-子育て

Copyright© ぷらLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.