話題の政治家【男性】

菅義偉の若い頃は苦労人?高卒で集団就職後に夜間大学へ進学?

菅義偉 若い頃 逸話 画像
Pocket

 

次期総理候補と言われる「令和おじさん」こと菅義偉氏

 

菅義偉氏は71歳というご高齢ながらも、凛とした会見は安心感ありますよね。

 

「さそがしエリート街道を歩んできたのでは?」という若い頃ですが、実は苦労人の菅義偉氏の逸話ビックリ

 

はたして、菅義偉氏の若い頃の逸話はどのようなものでしょうか。

 

そこで今回は、次期総理候補である菅義偉の若い頃の逸話をまとめました。

 

菅義偉の若い頃のエピソード

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

菅 義偉(@suga.yoshihide)がシェアした投稿

 

秋田県の農家出身である菅義偉氏の若い頃の逸話は苦労人を感じさせるエピソードが多いです。

 

若い頃菅義偉氏にはどのような逸話があるのか?掘り下げて行きましょう。

菅義偉の若い頃は2時間掛けて通学

菅義偉氏は出身高校である秋田県立湯沢高校まで2時間かけて通学していた逸話があります。

 

菅義偉氏の自宅から最も近い高校が湯沢高校だったのです。

 

出身中学である湯沢市立雄勝中学校から湯沢高校までは12kmの距離。

 

 

歩いて片道2時間30分の距離なので、菅義偉氏は速歩きで通っていたのではないでしょうか。

 

ちなみに、菅義偉氏は毎朝40分のウォーキングをしているといいます。

 

菅義偉氏は毎朝のウォーキングについて、

 

唯一のリフレッシュ』

『健康管理はもちろん、頭をリセットして物事を整理する時間

 

とお話しされています。

 

71歳にしても元気いっぱいな菅義偉氏は学生時代の健脚が支えている可能性もありますよね。

若い頃の菅義偉は集団就職だった

菅義偉氏は高校卒業後は、大学へ進学せずに集団就職をした逸話があります。

 

若い頃の菅義偉氏は、

 

東京へ行けば何かが変わる

 

と夢を持って上京しました。

 

上京後は、板橋区のダンボール工場に就職するも将来への展望が見えず大学進学を決意します。

 

築地市場での台車運び等のアルバイトに汗を掻きながら資金を貯め、2年遅れで大学へ入学をしました。

 

菅義偉氏の若い頃は、アルバイトが終わればアパートに帰って試験勉強に明け暮れるという日々を過ごしていたそうですよ。

 

菅義偉 若い頃 逸話 画像2

若い頃の菅義偉の大学時代は毎日アルバイト

菅義偉氏の若い頃である大学時代は毎日アルバイトをしていました。

 

アルバイトをしながらの大学は最も学費のやすかった法政大学法学部政治学科の夜間部に在籍。

 

しかし、菅義偉氏大学の学費は全てアルバイトで稼ぎ、勉学に励んでいたのでした。

 

[

“菅義偉氏の大学時代のバイト” fontawesome=”fa-check-circle faa-ring animated” bordercolor=”#FFC107″ color=”” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

ガードマン

新聞社の使い走り

食堂のカレーの盛り付け係

[/st-midasibox]

 

菅義偉氏の若い頃のアルバイトの逸話ビックリしてしまいますよね。

 

いずれのアルバイトも肉体系の仕事で、さそがしご苦労をされたことでしょう。

 

現在の堅実な菅義偉氏の姿を象徴するような大学時代のアルバイトの逸話ですよね。

 

菅義偉 若い頃 逸話 画像3

 

若い頃の菅義偉は地盤の選挙区で3万軒巡り

菅義偉氏地盤の無い選挙区で出馬時選挙前までに3万軒を廻った逸話があります。

 

全く地盤の無い横浜市議会議員選挙を西区から出馬した際、

 

[

“菅義偉の若い頃の逸話” fontawesome=”fa-check-circle faa-ring animated” bordercolor=”#FFC107″ color=”” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

1日300軒を巡った。

・選挙まで合計3万軒を巡った。

6足の靴をダメにした。

[/st-midasibox]

 

という逸話があります。

 

選挙活動中、菅義偉氏はお昼に蕎麦屋へ入ったときに一度倒れてしまいます。

 

しかし、菅義偉氏

 

平気です

 

と言って、また再び一軒一軒と家を訪問していったそうです。

 

結果、お金・地縁・地盤もないなか、誰も当選しないと思っていた選挙で、菅義偉氏は当選したのでした。

 

もちろん、地盤のない選挙区で菅義偉さんを献身的に支えた奥様の存在は忘れられません。

 

[st-card myclass=”” id=6217 label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”ff22ff” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on”]

 

ちなみに、菅義偉氏の昼食のほとんどが「そば」で、ものの5分ほどで食べ終わるそうですよ。

 

菅義偉氏の若い頃の逸話は、令和の時代ではお目に掛かれそうにない内容ですよね。